ミニ四駆始めたいんだけど‥から上級者までの道案内

ミニ四初心者脱出計画

粗切削加工

切削加工アイキャッチ

まずは粗取り(あらどり)。粗取りは、ザッっと大まかな形を作る作業。大まかな部分を除去(切り離し)する作業。

切る

リアタイヤカウルを切り離します。なるべく形を壊さず切り離したいので、、
カウルの付け根に溝を入れます、その溝を深く深くボディを貫通するまで掘ります。
ミニ四駆 カッター コンデレ 切削加工1
でも、貫通するまで掘ってると時間がかかるので、ボディの厚みの半分くらいまで溝を掘って、あとは「パキッ」っと折ってしまいます。

 

溝堀りには、刃が痛んだカッターナイフをつかいます。
ブレマ5
これは、わざと刃先を痛めたものです。コンクリートに刃先をゴリゴリしました。溝を「切る」じゃなくて「削る」ために刃先が切れないようにしています。
傷んだカッターで、切り離す部分の根元に溝を入れます。

 

「パキッ」っと折りやすいように端をニッパーで切ります。
ミニ四駆 ニッパー コンデレ 切削加工1
ニッパーは端から少しずつ切ります、一度に多く切ろうとすると溝以外のところが割れてしまします。
一度で「パキッ」っと切り離せなくても、グラグラユラユラさせていると疲労骨折的に「ポロッ」っととれます。
ミニ四駆 ボディ切断1 コンデレ 切削加工
ミニ四駆 ボディ切断2 コンデレ 切削加工4

溝を堀るほどもない小さな除去部分は、ニッパーで切り離します。そのときはニッパーで溝堀りをします、ニッパーで切れる寸前まで刃を入れる(甘噛みする)と、刃が当たった個所が凹んで溝が入ったようになります。
ミニ四駆 ニッパー コンデレ 切削加工2
そしてこの溝を基準にして少しだけ切ります(本噛み)。
ミニ四駆 ニッパー コンデレ 切削加工3
少しだけ切ったら、刃を先に進めて甘噛みして溝を掘り進めて、
ミニ四駆 ニッパー コンデレ 切削加工4

少し切って、溝を入れての繰り返しです。こうすると意図しない所が割れにくくなり、もし割れても溝を入れた方向に割れるので大きな失敗になりませ‥
ミニ四駆 ニッパー コンデレ 切削加工5
‥割れた。
ミニ四駆 ニッパー コンデレ 切削加工6
また割れた。おかしい、いつもと違う。切断面も汚いし。
ボディが古いから劣化してるのかな‥何年製かな?ランナーを見てみよう‥
ミニ四駆 ランナー PS素材 切削加工
‥PS!!これだ!切削性が悪いのは素材のせいだ!たぶんPSに充填されたガラス繊維のせい!
同じPSの「プラバン」は切削性が良いのに‥(-_- )
ミニ四駆のボディなんてだいたいがABS素材でできてるのに、これに限って‥。
サイトの記事にしようと張り切ってたのに、わざわざ加工しにくい素材のボディだったとわ‥。
はい、仕方が無いのでそれなりの加工で進めていこうと思います。ボディ加工になれていない人は是非「ABS」で作られたボディで挑戦してくださいね。
PSについてはコチラ→「 PS(ぴーえす)
ABSについてはコチラ→「 ABS(えーびーえす)

 

 

溝堀と疲労骨折的切り離しで切断面がバリバリです。
カッターナイフでバリバリを取り除きます。
ミニ四駆 バリ コンデレ 切削加工
その後棒ヤスリで形を整えます。
ミニ四駆 ヤスリ コンデレ 切削加工1

削る

ノーマル状態ではキャノピーの上にある出っ張り部分を削り取ります。棒ヤスリでガシガシ削ります。
ミニ四駆 ヤスリ コンデレ 切削加工2
‥溶けてる、どろどろ、切れない。あああああああこれだからPSはよぉぉおおおおお!!
ABSならサクサク削れるのにぃぃいいいい!
と、言う事でカッターナイフで少しずつそぎ落とします。
ミニ四駆 ヤスリ コンデレ 切削加工3
大まかにそぎ落としたら、棒ヤスリで整えます。高速で棒ヤスリを動かすと熱で素材が溶けるので、ゆっくり「さぁーーーーぁッ」っと優しく軽い力で削ります。
ミニ四駆 ヤスリ コンデレ 切削加工4
ミニ四駆 ヤスリ コンデレ 切削加工5
出っ張り部分除去完了。
フロントの整形が出来たので、次はリアを整形します。
ミニ四駆 亀裂 ボディ 切削加工
割れました。。PS材きらい。
なんやかんやで、大まかなところは除去できたので、次は細かいところを切って削って整形します。

 

これで切削加工@は終わりです。
←前の工程「調達・製造計画」|製作工程一覧|次の工程「仕上げ切削加工」→

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

 

 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ