ミニ四駆始めたいんだけど‥から上級者までの道案内

ミニ四初心者脱出計画

仕上げ切削加工

切削加工アイキャッチ

粗切削加工で粗取りが済みました。その続きのこのページでは「仕上げ」ていきます。
ボディはシャーシに乗せるもの。今回はVSシャーシ専用のボディなので、VSに乗せて収まりを確認しながら加工していきます。

 

まずはボディの位置決め。
ミニ四駆 VSシャーシ コンデレ 仕上げ切削1
なるべく低く、前後左右にぶれないように。
フロントのギアボックスをかわすように
フロントを下げるためにスイッチボックスをかわすように
ボディフック取り付け位置を確保する
ミニ四駆 VSシャーシ コンデレ 仕上げ切削2

 

リアはモーターをかわして、カウンターギアボックスをかわして。
.ボディ(全高・重心)を下げるために、シャーシに当たって(干渉して)るところを除去します。
ミニ四駆 VSシャーシ コンデレ 仕上げ切削3
横から覗き込んだり、光に透かして干渉箇所を探します。
ミニ四駆 VSシャーシ コンデレ 仕上げ切削4
でも、この方法で見つかるのは外側だけ。内部の干渉箇所を探すときは「ペン」をつかいます。干渉してそうなところに色を付けて‥
ミニ四駆 ボディが干渉する VSシャーシ 仕上げ切削1
ボディとシャーシを擦り合わせます。
ミニ四駆 ボディが干渉する VSシャーシ 仕上げ切削2
「そうすると擦れた箇所(干渉箇所)の色がはがれます。色がはがれがれた箇所を除去して、色を付けて、擦り合わせての繰り返しで内部干渉箇所を除去していきます。」と、なる予定だったのに‥。

 

これ、こすり合わせた後ですけど、色がはがれてません。
ミニ四駆 ボディが干渉する VSシャーシ 仕上げ切削3
これじゃあ、どこが干渉しているか分かりません。あ〜ぁ。これが出来ないと全高落としは大変です。。
(# ゚皿゚)PSがぁぁあああああああああああああ!もおおおおおおおおおおおお!色が染みこんどるやんけええええええ!
シャーシ側はちゃんと色が移ってるのに。。
ミニ四駆 ボディが干渉する VSシャーシ 仕上げ切削4

 

ABSならこうはなりませんので、加工になれていない方は是非ABS製のボディで挑戦してくださいね。

 

位置決めの次は軽量化とカッコつけるための整形をします。
一番「肉抜き」らしい作業です。

ドリルで穴をあけて、
ミニ四駆 軽量化 ボディ改造 肉抜き1

 

ニッパーで穴を繋いで、
ミニ四駆 軽量化 ボディ改造 肉抜き2

 

カッターナイフで粗取りして、
ミニ四駆 軽量化 ボディ改造 肉抜き3
ミニ四駆 軽量化 ボディ改造 肉抜き4
棒ヤスリで断面を仕上げる。

 

見えない部分(裏側)は削りましょう。
軽量化のために。どれだけ裏側が汚かろうと、表面が綺麗に仕上がっていればいいのです。
ミニ四駆 軽量化 ボディ改造 肉抜き5
作っているのは「動かない模型」ではありません「ミニ四駆」です、どーせなら走行性能を高めましょう。光にかざして影が濃い部分は、まだ削れる 薄くできる部分です。

 

シャーシに乗せるとこんな感じ。
VSシャーシ 軽量化 ボディ改造 肉抜き
これで仕上げ切削加工は終わりです。
←前の工程「粗切削加工」|製作工程一覧|次の工程「接合加工」→

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ

 

 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミニ四駆へ